新しい投資信託!?「ETF」って何?

新しい投資信託!?「ETF」って何?

皆さんが手持ちの資金を運用する時、その運用は皆さん自身でするのでしょうか?あるいは、投資のプロにお任せする「投資信託」で運用するでしょうか?

銀行貯金に魅力がほとんどない現在、「投資」という言葉が注目されていますが、投資って難しいですよね。専門用語1つを理解するのも大変です。
そこで、投資のプロに運用をお任せする「投資信託」が注目を集めているのですが、投資信託と似たスタイルの取引スタイルである「ETF」が大きな注目を集めているのです。

「ETF」は「Exchange Trade Fund」の略称で、「株価指数先物」とよく似た商品です。
日経平均株価やTOPIXに連動して動く価格によって利益や損失が生まれるものであり、その点では「日経225」などと仕組みは同じことになります。しかし、そのような従来の株価指数先物と違い、「ETF」には大きなメリットが存在しているのです。

まず、「取引コストが安い」ということが言えます。
一般的な投資信託の場合、預けたお金の0.5%〜1%程度が、「信託報酬」として差し引かれます。タダで運用してくれるわけではないんですね。「ETF」でも信託報酬を支払う必要がありますが、その割合は信託した金額に対して「0.3%程度」です。
つまり、投資信託に必要な「手数料」が安いと言えますね。

また、「ETF」は市場に上場しています。したがって、市場がオープンしている時間帯であれば、自由に売買できるのも大きな特徴です。
一般的な投資信託では「限月」や「満期日」があり、途中で好きなように解約することが難しいデメリットが存在している一方、そのデメリットを解消しているのが「ETF」だと言えます。

「投資信託したいけど、もっと流動性と機動性の高い商品はないものか・・・?」と探しているなら、ぜひ「ETF」を検討してみてはいかがでしょうか?


「CFD投資について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析