CFD取引は「相対取引」だ!

CFD取引は「相対取引」だ!

CFD取引は「相対取引(あいたいとりひき)」であることは有名ですが、そもそも相対取引とはどのような取引のことなのでしょうか?そこで、相対取引の意味と特徴について勉強してみましょう。

相対取引を簡単に説明すると「市場を通さない取引」ということになります。普通、外貨や株式などの取引は市場を通して行われており、株式を発行している企業と、企業が発行している株式を売り買いしたい人の「仲介業者」になっているのが「市場」なのです。

しかし、「何百億円もの株式を買いたい」、あるいは「売りたい」となったとき、市場を通すと混乱を招いてしまうことになるんですね。当然です。金額が大きすぎるため、大きく変動する価格に投資家が混乱してしまい、結果、市場が荒れてしまうことになるためです。

そこで、このような場合は、株式を発行している業者と市場を通さずに直接交渉で取引を進め、市場への混乱を最小限に食い止めようというのが、相対取引のもともとの目的だったのです。しかし、相対取引のメリットはそれだけではなく、私たちが行っているCFD取引も相対取引を行うことで、「うれしいメリット」がたくさん生まれるんですね。

CFD業者を利用して取引をする場合、CFD業者内に登録されている「顧客同士」での取引になりますので、市場を通していないことになります。つまり「相対取引」です。別の言葉で言いかえると、「売り手と買い手による直接交渉」ということになりますね。
だからこそ、レバレッジやスプレッドの設定などが業者によって異なるのであり、それにより、業者間での差別化が進み、私たち利用者にとっては「有利な業者を選んで取引できる」というメリットが存在しているんですよ。

「あなたは何を基準に業者選びをしますか?」という、CFD取引を行う上で欠かせない重要なポイントも、CFDが相対取引で行われているからこその特徴だったのです。


「CFD投資について」記事メニュー

QLOOKアクセス解析